それでは、まず最初に胸式呼吸からやってもらいます。これは朝起きたとき、仰向けでそのままできるエクササイズになります。息を吸いながらお腹をへこませ、胸を膨らます呼吸を繰り返していきます。
グーと息を吸いながらお腹をへこませて胸を膨らませていきましょう。へこんで、戻して、へこんで、戻してと胸郭を動かしていきます。肋骨が動くからだがバストアップには必要になります。これを五分ほど繰り返していきます。

次はバストのマッサージに入っていきます。左手を頭の後ろに回していきましょう。頭の下にひいて、手の位置を決めます。空いている右手で、バストの大胸筋をマッサージしていきましょう。大胸筋の血行を良くして土台を作っていきます。これをやったら、今度は胸から脇にかけてつまめる筋肉があるのですが、そこをつまんでマッサージしていきましょう。しっかりとつまんで、奥の小胸筋までほぐしていきます。小胸筋がバストを持ち上げるサスペンダーとなりますので、奥の方までほぐしてください。今頭の後ろにひいている左手は重要で、無駄な力が入らないようにすることでマッサージの効果も上がります。

つぎに肩甲骨の裏側を下から上までまんべんなく押していきます。バスト周りのリンパの流れもよくします。そしてそのまま上の方のちょうど脇の下に固いリンパ節があるのでこれもほぐしてリンパの流れ、血液の流れを良くして健全なバスト作りをしていきます。

それでは手をもとに戻して、今度はクッションを使ってマッサージをしていきます。頭はクッションなしで低くなってしまいますが、仰向けになって両手でクッションをはさみ、お腹の上でギューッと10秒間挟み込んでいきます。10秒挟んだら、20回ポンポンポンと弾むように挟む動作を繰り返していきます。大胸筋の下の方を使っています。大胸筋の土台を作っていくわけです。20回繰り返したら、今度は胸の真上にもってきましょう。そこでまた10秒間ギューッと挟んでいきましょう。これがアイソメトリック運動で、筋を強くしていきます。それから、20回繰り返していきます。これがアイソメトリック運動ですので、筋肉を柔らかくしなやかに育ててくれます。これも当然、大胸筋を使っているわけです。大胸筋の真ん中で20回繰り返したら顔の前に持ってきて、ギューッとまた20秒間挟み込んでいきます。ちょっと力が入りづらいかと思います。角度にも違いがあります。そうしたらまた、トントントンと繰り返していきます。力が入りづらいかと思いますが、大胸筋の鎖骨部がバストを持ち上げてくれるところがポイントです。20回アイソメトリック運動を繰り返します。

こちらもどうぞ⇒HMBサプリを始めたい女子にはこれがいいと思う。同じ女子として